powerd by DTI BLOG 女の子のための情報広場好奇心旺盛な女の子、集まれ!ガールズルーム


今月のレシピ 〜フレンチ・オニオン・スープ〜

ガールズルームをご覧になってるみなさんはじめまして!食べるの大好きなロサンゼルス在住の29歳OL、まる子です^ ^  今月から、毎月レシピやこちらで人気のレストラン&フードを連載していくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

オニオンスープは、もともとフランスのカフェ飯の定番。 まる子もフレンチ・カフェでランチする機会があったら、ほぼ毎回オーダーしてしまうくらい大好きなスープ。 これからどんどん寒くなる冬にはもってこいの一品だと思います。

まる子は、ル・クルーゼラムカン・ダムールに一目ボレして、わざわざ日本に帰国した際、買ってきて、スープ皿にしています。 (なぜかアメリカでは見かけなかった。) 気に入った色が、フタなしのみだったんですが、オーブンに入れる時に、フタはしなくていいので特に不自由していませんよ〜。

オニオンスープで最も大変なのは、「大量の玉ねぎを薄切りに」すること。 包丁だと本当に大変です。 ご紹介するビデオでは、”Vスライサー”と呼ばれる 野菜スライス専用の道具をすすめています。 まる子は、代わりにフードプロセッサーを利用したんですが、これだとかなり水っぽくなります。 出来上がった味は、特に悪くなかったですが。

powered by ifood.tv

今回のお料理まとめ

  • 準備時間 : 25分
  • 調理時間 : 60分
  • 難易度 : 中級
  • 人数 : 4人分
  • お国 : フランス
  • カテゴリ : スープ

材料

  • 玉ねぎの薄切り ... 約680グラム
  • 無塩バター... 大さじ3
  • オリーブオイル... 大さじ3
  • 砂糖... 小さじ1/2
  • ビーフストック... 6カップ
  • ブランデー... 大さじ4(オプション)
  • ディジョンマスタード... 小さじ1/2
  • 塩... 小さじ1
  • 黒コショウ... 小さじ1/2
  • フランスパン... 1本(またはクルトン)
  • スイスチーズのスライス... 12枚

アドバイス

ビーフストック

近所のスーパーでは、なかなかみかけないと思いますが、輸入食材店か、通販で入手でき、固形や顆粒のコンソメも、ビーフストックの一種で代用する事があります。

ディジョンマスタード

フランスのディジョンが本場のマスタードで、カラシ種を原料とし、香辛料、ビネガーを加え、ペースト状にしたものです。 ピリッとした味わいがあり、ステーキに添えたり、ドレッシング、サンドイッチに用いられます。

玉ねぎの薄切り

冷蔵庫で20分ほど冷やしてからスライスすると、目にあんまりしみなくなります。

Let's cook!

厚手の鍋に、バター、オリーブオイル、砂糖を入れ、バターと砂糖が溶けるまであたためます。
玉ねぎを鍋に加え、弱めの火で15分〜20ほど、まんべんなくあめ色になるまで、かきまぜながら調理します。
玉ねぎがしんなりして、あめ色のなったらゆっくりとビーフスープを加えます。
沸騰させた後、フタをしてゆっくり弱火で1時間ほど煮込みます。
フランスパンをスライスして、トーストします。
スープができあがったら、ブランデーとディジョンマスタードを加えます。 ここで味見をしてみて、必要であれば塩と黒コショウを追加して下さい。
鉄板の上に、オーブン可能なスープ皿をのせます。
熱いスープをスープ皿にとりわけ、トーストしたフランスパン(またはクルトン)を1〜2枚のせます。
さらに、スイスチーズを1〜3枚ほど上にのせます。
オーブンで、チーズが溶けて焦げ目がつくまで調理します。 これでできあがり! スープは熱いうちに召し上がって下さい。
トップに戻る