powerd by DTI BLOG 女の子のための情報広場好奇心旺盛な女の子、集まれ!ガールズルーム


日米比較!バレンタインデー

1年に1度だけ、女の子から大切な男性に思いを告げる日。。。この日のためにとっておきのチョコレートを用意する女性が日本全国たくさんいると思います!

ところがどっこいアメリカでは意外にそのような習慣はなく、いつも通り(?)アプローチは男性から女性にします。ほとんどの男性がこの日、バラの花束にカードを用意して、ロマンチックなディナー先を予約します。それだけでなく、宝石やチョコレートなどのプレゼントに加え、2人でショーに行ったりするカップルもたくさんいます。

バレンタインチョコ

プレゼントは?

ドラッグストアーからデパートまで、赤やピンクの包装紙、またはハートの箱に入ったチョコレートがずらっと店頭に並びます。安価なものから高級なものまで、チョコは至る所で売られていますが、義理チョコという習慣はないようです。また、チョコだけでなく、ダイヤモンドなど高額ギフトを贈ることも多いです。

アメリカでのバレンタイン
そして街中は。。。。

バラの花束とプレゼントを持ってバレンタインの日にあらわれる男性 2月14日のロサンゼルスは道がいつもにも増して混みます。特にバレンタインが平日の夜は大渋滞です。道も混み合うことだし「今日はバレンタインの日なんで仕事を早めに切り上げるよ〜」なんて上司から正式に(?)許可をもらって愛しの女性を迎えに行くところは、欧米っぽいですよね。

多くのカップルにとって、この日メインイベントとなるのがディナー。人気のレストランは1ヶ月以上前から予約していないと希望の時間にディナーすることが難しいです。街中はバラの花束にスーツ姿の男性を大勢見かけます。普段はラフな服装の人が多い大学のキャンパスでも、この日はこんな素敵な男性が歩いているのを見かけます。

日米対決!?

日本とアメリカとどっちのバレンタインのスタイルがよいのか。。。それはもちろん人それぞれだと思います。尽くされるより、尽くしたい人。男性が女性を誘うなんて、「いつもとかわらないじゃん!」 ということで、変化が欲しい人。

ただ両国とも共通しているのは、「男女がお互いに素敵な時間を過ごせること」ではないでしょうか。 すでにカップルの人もそうでない人も、チョコレートだけにこだわらず、何か共通で楽しめるアクティビティーや、思い出作りに今年はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね♪ Happy Valentine's Day!

ロサンゼルスとその近郊で楽しめる穴場をご紹介!

今年の米国のバレンタインは、Presidents Day(大統領の日)という祝日と重なって、なんと3連休!ぜひ少し遠出もしてみたいものです。時期が限られているものもありますが、ロサンゼルスでゆっくりできる時間があればぜひ、訪れてみて下さい♪

KOOZA(クーザ) by シルク・ドゥ・ソレイユ

KOOZA by Cirque du Soleil 神業的なアクロバットと多彩で創造的な衣装で、日本でも高い人気を誇るシルク・ドゥ・ソレイユ。クーザは一人の人間を通して描く人間性がテーマで、各地を巡回しています。現在はロサンゼルス・ダウンタウンより南に35分下ったアーバインで観客を魅了中。なんとアーバインでの千秋楽は2月14日のバレンタイン! →ショーの動画を観る

Esalen hot springs

Esalen hot springs ロサンゼルスから480キロ北上したビッグ・サーと呼ばれる海岸沿いにある温泉(要予約)。ビッグ・サーは驚嘆に値するカリフォルニアの荒々しくも美しい海岸が有名な場所で、この絶景を眺めながらの温泉は、ここでしか楽しめません。こんな素晴らしい場所でゆっくりと温泉につかれば極上の癒しを約束してくれるに違いありません。 →サイトをチェック

Mount Waterman Ski Resort

Mount Waterman Ski Resort ロサンゼルスから最も近いスキーリゾート。ハイウェイ2号線沿いに、車でおよそ1時間くらいの場所です。今年はエルニーニョの影響で雪質がよく、また例年より長く楽しめるとのことです。ここなら午前中はスノボ、夕方にはビーチで地平線に沈む太陽を眺めながら、ロマンチックなディナー、なんて楽しみ方もできちゃいます♪ →サイトをチェック